ブランドヒストリー

Brand History

豊かな生活と空間の実現を目指して

S-cubeとは・・・

S-cubeは、私たち(旭化成エレクトロニクス)が開発する3D磁気センサー群の共通コンセプトを象徴するブランドです。

「エスキューブ」と読みます。

「磁気センサー」の信号に潜んでいる情報を引き出す独自の「IC回路アーキテクチャ」や「情報処理アルゴリズム」を基にして、ユーザアプリケーションのニーズ・ウォンツを先取りする「磁気センシングソリューション」を提供します。

 

S3ロゴ、S-cubeロゴは、旭化成エレクロトニクス株式会社の商標です。

ヒストリー

History

2003年からの実績

住宅や生活製品から最先端エレクトロニクスまで、様々な分野で活躍している旭化成グループ。

S-cubeは、私たちでなければ生み出せない 「 新たな付加価値を持つ電子部品 」 の研究開発を目的とした電子部品研究所 (2003/3月設立。現在は解散) から誕生しました。

IT化はもとよりSNS、AI、AR/VR、ロボット技術等の先端技術の急速な発達に伴い、世界は超情報化時代に突入しました。現在私たちの身の回りは、 さまざまなコンピュータやスマートフォンに代表される情報機器で溢れています。 自動車でも自動運転技術が進み、そこにはさまざまなセンサーが搭載されはじめています。 センサー信号の奥に潜んでいるものを引き出し、生活に必要な情報として提供するためには、 コンピュータ上でセンサー信号の情報を的確に処理するソフトウエアの役割がますます重要になっているのです。

私たちは、従来のような 『 センサーデバイス 』 の開発を行うのではなく、センサーとコンピュータを最適に インターフェースする、信号処理ハードウエア (アーキテクチャ) と情報処理ソフトウエア (アルゴリズム)  を総合的に提供する 『 センサーソリューション 』 の開発に取り組んでいます。

新しいセンサーの時代が来た

これまでセンサーに求められていたのは、主に物理量や化学量を電気信号へ変換する、トランスデューサーとしての役割だったと言えます。ですから、変換効率 (=感度) が高いセンサーほど良いと考えられていました。代表的なものとして、温度センサー、湿度センサー、圧力センサー、光センサーなどが知られています。重力や振動を検知する加速度センサーや、磁気センサーも同じです。

スマートフォンをはじめとした情報機器には、これまで以上に人間の意思をくみ取り、柔軟なサービスを提供する機能が求められています。また、いつでもどこからでも情報を発信・取得できるIoT製品の普及にともない、世界中いたるところで大量のセンサーが活躍する世の中となってきました。そんなトリリオン センサー社会に即した、今までにない新しいセンサーが必要となると私たちは考えます。

物理量や化学量を単に電気信号へ変換して終わるのではなく、そのセンサー信号の中から人間生活に役立つものを引き出して、ユーザがうまく活用できる情報へ変換してから提供する。そんな新しいコンセプトを『 S-cube 』 によって実現したいと考えています。

今までのセンサー vs. S-cubeセンサー

センサーで測る目的は何?

いまセンサーに一番求められているのは、どんな性能でしょう。

高い感度でしょうか。 広いダイナミックレンジでしょうか。それとも、小型化や低消費電力化でしょうか。

どれも重要な性能ですが、このようなスペックシートに書かれる数値性能だけでセンサーの価値が決まるわけではありません。測りたい環境や欲しい情報、つまりアプリケーションによってセンサーに求められる内容 (ユーザーの二ーズ) は大きく変わります。測る目的によって最適なセンサーは違うのです。

だから私たちは、まず数値性能が自慢のセンサーを開発し、その後でそれが使える市場を探すというような、従来の開発プロセスを脱却することから始めました。センサーそのものの性能を発想の起点にするのではなく、アプリケーションを想定し、測りたい環境条件を考慮して、まずそこから欲しい情報を抽出するためのアルゴリズムを工夫することから始めます。その中で必要とされる、信号処理に最適なアーキテクチャをIC回路として設計し、その上で最適なセンサーを選択する、それが私たちのポリシーです。

「センサーの性能を上げる」のではなく、「センサーで測る目的は何か」を第一に考えることで、ユーザーアプリケーションが 求める技術を先取りして開発する、柔らかな、一歩先ゆくセンシングソリューションを提供します。